円高、円安はFXにどういう影響を与えるのかというと、為替の差益に変動が起こります。 そもそもFXとは、二国間における通貨の売買によって利益を出す投資方法のことですよね。 例えば、円とドルの通貨で考えてみましょう。 1ドルが100円だった場合、1000ドル購入するには10万円が必要となります。 これが円高になり、1ドルが90円になった場合、1000ドルは9万円の価値しかなくなりますので、1万円の損失となりますね。 反対に、円安になって、1ドルが110円になったとしたら、1000ドルは11万円の価値となりますから、1万円の利益となるわけです。 このように、為替レートの変動によって円高、円安となると、通貨間の売買により生じる利益にも影響が出てきます。 もちろん、FXは円に対してのみの取引だけとは限りませんが、まずは自国通貨である円高、円安の仕組みを理解することから始めてみましょう。 そうすることで、二国間の為替レートの変動によって差益が発生するFXの仕組みも自ずと理解できるようになるはずです。